UGRコーポレーション株式会社

お問い合わせ

トピックス topics

  1. UGRコーポレーション株式会社
  2. >
  3. トピックス
  4. >
  5. 事例紹介
  6. >
  7. コンクリート杭(RC杭)引抜工事

事例紹介

コンクリート杭(RC杭)引抜工事

静岡県内でコンクリート杭(RC杭)の引抜工事をご依頼され、施工致しました。
築60年程の建物を解体し、新築に建て替える為の引抜工事です。
昨今では杭を打ち込む作業は良く目にしますが、引抜工事はあまり目にしないのでは
ないでしょうか?

では、どの様にして抜くのかと言いますと

①先ず、ケーシングと言われる筒状の治具を回転させながら杭を包む様に地中に貫入していきます。
②杭と土の“縁”が切れたことを見定めたらケーシングを抜きます。
③杭の頭にワイヤーをかけて、そのまま抜き上げます。
④抜き終わった“穴”に埋め戻し用の砂を入念に埋戻し、引抜が完了です。

今回の杭は、およそ60年ぶりに地上に戻ってきました。
歴史を感じます(笑)

今後、建て替え時などで過去の地中埋設物の撤去が必要になる場合が増えてくると思います。
杭の打設工事だけでなく、引抜工事に関しても ご相談下さい.